寒い春ですね・・・。
セナの気持ちもまだ冬の真っ最中です.....。


事の起こりは先週の日曜日の午後3時頃からでした。
シャンプーの日なので、セニ&ソニを思いっきり走れらせてあげたくて多摩川の河川敷に
お散歩に出かけました。

ほら・ほら!!! いつものように元気に跳ね回るふたり~~~♪♪
セナパパとセナの心も弾みますーーーー 

ほぼいつものコース半分ころに差しかかりました。
いきなりセニーニャが足を踏ん張り「ブヒブヒ」と鼻から音をだし、苦しそうな呼吸になりました。
まぁ~~~!ワンの飼い主さんならどなたでも愛犬のこの様子をご覧になったことがあると
思います。


「あ~~~~ぁ~~」って、気軽にセニーニャの喉をさすってあげました。
最初はいつものようにすぐに収まりました。ここまでは別に驚くこともないのです。
ところがこの日は違っていました。この後、この症状を2日半にも渡って繰り返したのです・・

翌日の月曜日になっても一向に症状が改善する兆しは見えません。
ゲージから出したとき、お散歩中、ドックフードを食べるときが一番症状が多く出ました。
やっぱおかしいと思い、この日の夕方、掛かりつけの獣医さんの診察を受けました。


結果、犬には多く起こる「逆くしゃみ症候群」だと言われました。
問題はないので、無理のないようにいつもの生活をしていても差し支えないとのことでした。
ちょっとほっとしたものの、心の中の黒雲は姿を消しません・・・。

逆くしゃみ症候群・・・・・・・「通常犬で見られ、15~60秒続く呼吸困難を反復する。
                 発生は発作的で鼻性もしくは咽頭性の音を伴い、頬を膨らませる。
                 喉頭蓋の落ち込み、鼻後部に粘液分泌物が貯留する。
                 鼻咽頭部の痙攣かもしれない」  
                                    「1988年の小動物診療指針」参照



要は原因不明の症状だということです。
火曜日もまったく同じ症状が続きました。
このまま何も手を尽くさなくていいのでしょうか??
朝から仕事そっちのけでパソコンに釘付けで調べました。
もちろんセニ&ソニのお里「ハッピーベルドリームケンネル」のオーナー・ハッピーベルさんにも「SOS」
のメールをさせていただきました。


セナがある呼吸器の病気を見つけたのと、ハッピーベルさんからの至急のご返事とが一緒でした。
ハッピーベルさん、早速のアドバイスをほんとうにありがとうございます!


その恐ろしい病の名は「気管虚脱」!!!!!!
この“気管虚脱”とは、犬の気管支は フレキシブルホースのようにCの字のような形状をした軟骨が
気管支を支えていて、このC型形状がつぶされて 呼吸困難になるためです。
この症状は、小型犬の中高齢の犬によく見られ 春から夏にかけてよく発症しやすく、興奮したときに
おきます。                              

パピヨンは、気管支が細長いので、首輪タイプのリードの場合、リードを長くしますと リードが下が
り気管支に当りますので 興奮して引っ張ったりしますと気管支が つぶされる状態になり この症状が
出ます。                                     (ハッピーベルさんより)



これはたいへん~~~~
何とか専門の先生を見つけないと・・・・・・。
ネットで検索しましたら「アトム動物病院」という、東京板橋にある動物病院のHPに辿り着きました。

板橋と言ったら、我が家からは車で1時間ほどの距離です。
早速、22日(日)の午後の予約を入れました。
電話で容態をお話したら、すぐに医院長の米澤 覚先生が電話口の出てくださって、詳しい症状や
そこに至った状況を聞いてくださいました。 なんかちょっと気持ちが楽になりました。

そしてね!アトム動物病院に予約をした翌日・水曜日の朝からセニーニャの症状がぴったり出なく
なったのです。昨日までがまるで嘘だったかのように感じます。
でも、やはりきちんとした診察を受ける必要があります。また同じ状態にならないとも限りません!!



なが~い1週間でした。
やっと今日、アトム動物病院に行ってきましたよ。
  アトム動物病院に
こちら↑がアトム動物病院です。


  心配するソニア!
待合室では、心配したソニアがセニーニャに「大丈夫だよ!」って話掛けています。
いつも仲のいい姉妹です

約束の3時きっかりに診察が始まりました。触診のあと、レントゲン撮影に・・・。
  右がセニーニャ
向かって左側が正常なワンちゃんのレントゲン写真で、右がセニーニャのものです。
やはり心配していたように気管の周りが少し白くぼやけて写っていますでしょ!
気管虚脱・レベル1だそうです。25%ほど気管が狭くなっている状態だと説明がありました。


幸なことに、セニーニャの場合は気管虚脱の典型的症状・空咳や水を飲んだ時などに咽る
ような咳はまったくありません。
この咳が出る前にこの病に気が付けたことはほんとうによかったと思います。
そして、気管虚脱を起こす原因は ・リードを強く引っ張る。
                      ・高い声でキャンキャン吠えることが多い。
                              などが挙げられるそうです。

そう!考えてみればセニーニャはソニアの後ろを歩きます。時々立ち止まっては匂い嗅ぎをして、
後れを取ったことに気づいては、一気にリードを引っ張り、ソニアに追いつこうとします。
そしてゆっぴが生まれてから、ゆっぴがセニ&ソニを見て喜びの声をあげると今まで以上に吠え
るようになっていましたっけ・・・・。



セニーニャの気管虚脱をこれ以上悪くさせないためにはどうしたらいいのでしょう??
ハッピーベルさんからもこのようなアドバイスをいただきました。

リードを顎にかかるようにして リードを短く持ち、上に引くようにします。
リードを短く持つことは 散歩の基本ですが、リードを短く持ちますと リードが常に 顎に掛かります
ので、この状態で行って頂ければ良いですが、出来ない場合は、しつけがされた(?) セニーニャは、
年齢から言って 胴輪タイプのリードにされた方が良いでしょう。(写真添付)

  リードの掛ける位置
やはりしつけができたと思って気を抜いていたのが大きな間違いでした・・・・。 本当に反省です。





アトム動物病院の医院長の米澤 覚先生にも、この気管虚脱を進行させないための方法を教えて
いただきました。
   リングハーネスを
リングハーネスという胴輪を使用することが一番良いとのことでした。
ネットで購入できるというので、帰ってから調べました。
FULLY FULLY」というグルーミングショップで扱っていることが分かりました。
明日にでも早速電話してセニーニャにあったサイズのものを取り寄せようと思います。
やっと、やっと心の黒雲が消えて、ちょっぴりですが青い空が覗けるようになるでしょうか・・・・

リングハーネス!(FULLY☆UFLLYさんへ)

桜散る

comment iconコメント ( -8 )

ひゃ~!なんて恐ろしい病気なんでしょう!!
でもセニーニャちゃんの病状を早くしれて本当に良かったですね~!
日頃からよく観察しているから気付けるんでしょうね…!

リンネのお散歩の時、リードを長くしているのでちょっと心配になりました(´~`;)
基本、ってとっても大事なんですね…
初心忘れるべからずですね。。。

名前: ともえ [Edit] 2012-04-23 21:07

ご無沙汰してます。
愛もだいぶ前からおんなじ症状が頻繁に出ているので、食い入るように読んでしまいました。
その発作が出ているときって、ほんとに苦しそうですよね・・・
抱き上げてさすってあげても全然おさまらないし。
ちょうど、リードを引っ張ってしつけをする教室に通っていたころだったので、しつけの途中でしたが、その教室をやめ、同じように胴輪を購入しました。でも吠えることが原因であることは初めて知りました。
確かに愛もよく吠えます・・・。
吠えないようにいまさらしつけることができるのか・・・何かいい方法あったら、教えて下さい。

名前: kaco [Edit] 2012-04-23 22:32

ともえさ~~ん♪

ほんと!初心忘るるべからずですよね。
セナも反省しましたよ。

ワンの7歳って、何かしらの病気が出たりするころだと覚悟はしていました。
でもこの気管虚脱なんて病気は知りませんでした・・。
不幸中の幸いは早めに分かったことです。
毎年一回の検診と、日々の生活にちょっと気を使ってあげないといけません。

ともえさんもリンネちゃんのお散歩など、気を付けてあげてくださいね!

名前: セナ [Edit] 2012-04-24 14:55

Kacoさ~~ん♪

こちらこそ、ご無沙汰しています。
ブログはちょくちょく遊びに行かせていただいています。
ゆう君、またまた大きくなってびっくりですよ!!

その発作=気管虚脱とは限りませんので、あまり深刻にならないでくださいね。
気管虚脱の典型的な症状はなんでもないときにする咳だそうです。
最初軽い咳から始まって、喉につっかえるような咳、もどす動作、豚のような呼吸、
ガチョウが鳴くような呼吸などと進行していくそうです。
ですので発作が起きたからと言って、必ずしも気管虚脱だとは言えません。

我が家も孫のゆっぴの出現で、セニーニャの吠えがひどくなりました。
いわゆるヤキモチです・・・(笑)
独自の対処方法はゆっぴを構い過ぎないこと。
平等に扱ってあげることに気を使っています。
なかなかワンが吠えるのを止めさせるのは難しいです。

それと胴輪もすべて良いというのではなく、真中で別れていないリングハーネスがお勧めだそうです。
29日には取り扱っているショップに出向きますので、また次回のブログで紹介させていただきます。

愛犬の健康は何より大切です。
お互いに気を付けて生活させてあげましょうね!


名前: セナ [Edit] 2012-04-24 15:14

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2012-04-24 20:04

秘密の投稿者様~~♪

セニーニャのことをご心配いただきありがとうございます。
お互いにいろんなことがあって、心の痛む春になりましたね!

でもまず自分の健康を一番に考え、その上で家族にもワンにも
いっぱい愛情を注げるようにしないといけませんよね。
一緒に頑張りましょうねぇ~v-218

名前: セナ [Edit] 2012-04-25 16:22

セに、ソニちゃん お元気かしら?とのんびり覗いたら、まあ・・びっくりしました。
苦しかったでしょう。ご心配でしたね。何気ない平凡な日々は幸せなことなんですね。
セナさんが適切に処置をされて、今は落ち着かれたでしょうか。
いつもの、元気なセニーニャちゃん ソニアちゃん待っています。

ティアラも、ボール投げが大好きですから、調子をみながら気をぬいてはいけませんね。
首輪とハーネスなど、参考にさせていただきます。 

名前: HIROKO [Edit] 2012-04-26 17:20

Hirokoさ~~ん♪

セニーニャのこと、ご心配いただきありがとうございます。
「ブヒー・ブヒー」の発作は2日半で収まりました。
でも、何か悪い兆候でないかと心配になりアトム動物病院で診察していただきました。
早めに分かって本当に良かったです。
これ以上気管を細くしないように気を付けて生活させてあげられます。
まぁ~~♪ 人間でいうところのドックみたいなものだと思っています。

ティアラ君も腰を痛め安いので、ボール投げはくれぐれも慎重になさってくださいね!
Hirokoさんも季節の変わり目なので、どうぞおからだには気を付けてくださいね。

名前: セナ [Edit] 2012-04-29 21:42

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。