寒い日が続いていますが、みなさまお変わりありませんか?

今日はコーヒーの話題です!
母のホーム通いが続いておりますが、仕事(コーヒーの焙煎)はいつも前向きに進んでいるんですよ


ほらほら、覚えていらっしゃいませんか?
一昨年9月に行った「スペシャルティー コーヒーイベント」を・・・。
あのときのブログには書かなかったのですが、実は素晴らしいコーヒーを発見していたのです!

そのコーヒーとは「タイ王国・ドイチャンコーヒー」です
ドイチャンコーヒーを日本に導いたのがこの方↓
  大井田さん
横顔でごめんなさい!! 大井田さんとおっしゃいます。
この写真はスペシャルティー コーヒーイベントの時に撮影しました。

このときに何気なくいただいたドイチャンコーヒーでしたが、コク・苦味・爽やかな酸味の
バランスが絶妙で、思わずセナは一目惚れしちゃいました~~~~


そんなわけで、一昨年の12月には生豆を仕入れ、何度も試作焙煎を繰り返しました。
そして昨年の2月! あの「ドイチャンコーヒー」が仲間入りいたしましたよ


タイのコーヒーって珍しいと思われますでしょ!
そう、我が焙煎業界でも取り扱っているお店はまだまだ少ないのです。

みなさんとご一緒にドイチャンコーヒーの故郷、タイを覗いて見ましょうか!
       タイMap
                     (写真提供:タイ語翻訳専門会社)
白い部分がタイ王国の全土です。
タイ王国の国土は日本の約1.4倍。
縦に長いため、一言にタイと言っても、気候や風土にかなりの違いがあるそうです。
ドイチャンの故郷はタイ王国でも一番北に位置する「チャンライ県」の山岳地帯です。
黄色いマークを付けてありますので、見つけてくださいね

そこには独自の文化を守る民族、リス族・アカ族・モン族が暮らしているそうです。
ちなみにドイチャンのドイは山・チャンは象を意味するそうです。

  

もう少し詳しくタイ王国・ドイチャン村の様子を見てみましょうか?
  ドイチャン村
                     (写真提供:「タイ北部山岳地帯のコーヒー農園」)
はい! こちらがコーヒー農園の景色です。
標高1200m~1600m 約50ヘクタールの農園でドイチャンコーヒーは栽培されています。


  ドイチャン農園 精製所
                      (写真提供:「タイ北部山岳地帯のコーヒー農園」)
そしてこちらが5000坪もある精製所です。
写真は収穫してコーヒー豆を天日乾燥させているところです。

設備も素晴らしいですね!!
日本ではまだ無名ですが、世界のコーヒー鑑定士たちからは、既に高い評価を受け、
北米・ヨーロッパ市場だけでなく中国・韓国等でも有名になりつつあります。


昨年12月に当店にやって来た「タイ王国 ドイチャンコーヒー」ですよ!!
      ドイチャンコーヒー 麻袋
セナパパの焙煎でどのようなコーヒーに変化するのでしょうか??
もう~~~~~~~♪ わくわくですよ~~~~~~~~~~~


  ドイチャンコーヒー 
今回はタイで一般的に飲まれている位のローストまで温度(200℃)を上げました。
こんなに強い焙煎でも、とても甘さが際立ち美味しいコーヒーなのです!


ほらほら店中に甘~~~い香りが漂ってきました
今年のクリスマスには欠かせないコーヒーだと思います。
みなさまにもこの香りとコク、苦味&酸味、本物のコーヒーの味をお届けしたいです・・・・

Merry Christmas~♡

新そば来たる~♪

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。