昨年からセナの住む小さな町のあちらこちらに変化が起きました。
セニーニャ&ソニアの大好きなあの道にも。
そう!覚えていらっしゃいますか「銀トレ」の記事のときに紹介した潤いの小道なのです。


こちら↓が以前の写真です。
  潤いの小道
向かって左側は川崎市の所有するひろ~い広場でした。
簡単なフェンスだけで仕切られていて、放課後には近くの公立高校のソフトボール部
などが練習する姿を見ることができました。穏やかな場所でした。

ところが昨年からご覧のように、公営の建物の建築ラッシュで・・・・。
  潤いの小道が~
川崎市が建築する建物ですから、市民にとっては有益だということは充分に理解して
います。


ただね!大切に保存されているニヶ領用水のすぐ近くにこんな立派な建物は不釣合い
だと思うのですが~~
  隣にはマンションが
こんな風に感じるのはセナだけなのでしょうか?


そして同じ記事でセニーニャ&ソニアが元気に走ったあの駅前広場にも変化がおきました。
以前の写真です。↓
  駅前広場
ひろ~い敷地をセニ&ソニだけではなく、たくさんのこどもさんたちが遊んでいました。


今では・・・。
  駅前広場も
保育園の仮園舎が建ち、広場はなくなってしまいました。
保育園の建て替えのための仮の園舎なのですから、仕方のないことです。


ただ、ひとつとっても悲しいことがあります。
  河津桜
この広場の片隅で、毎年一番早く綺麗な桜の花を咲かせてくれていた川津桜!
なんということでしょう~~(涙)いつの間にか抜かれて、どこかに移されてしまい
ました。 その姿はどこにも見当たりません・・・・
2月には早くもあのピンクの花を咲かせてくれたのに、今年から会えないのです。


そして毎日のお散歩コースで見るあの広場も今年中になくなります。
  イチョウの木が
「さりげない日常の中で・・・。」の記事で紹介したこのイチョウの木がある広場です。
ある企業の敷地なのでこの中に立ち入ることはできませんが、たくさんの野鳥たちの
住処でもあるんです。


高層マンションが建つ予定になっています。
  この景色もーー
こんなにも綺麗な自然を失って、高いビルを建てることになんの意義があるのでしょうか??
人の利益ばかり優先させて、大切なものをなくしているようにしか思えないのですが・・・

100CLUB (ワンハンドレッドクラブ)さんへ

あそんでくだしゃ~い!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。