fc2ブログ

先週の金曜日にこんな荷物が届きましたぁ~~~♪
   山口農園から
和歌山県で梅の産直販売を手がけていらっしゃる「山口農園」さんに注文した完熟小梅
と赤しそがやってきたのです!!! 今年は小梅造りに挑戦ですよ~~~

ティアラ君のお母さん“Hirokoさん”に教えていただき、昨年・初めて梅干作りに挑戦い
たしました。考えていたほどは難しくなく、最初に白梅酢が上がってくるときなどは、毎日
ドキドキしながら梅の樽を見つめてしまいます。こんなに梅干作りが楽しい作業だとは知
りませんでした・・・・・。   ですから、当然今年も頑張ります!
この「山口農園」さんもHirokoさんから教えていただいた農家なんです。



そういえば、昨年はセナパパの父「じっちゃん」の小さな庭にある梅の木に生った少し
ばかりの実から梅干を作りましたっけ・・・。
おかげでじっちゃん!得意の梅酒が造れなかったと嘆くこと・嘆くことーーーー
ですから今年はじっちゃんには内緒です。だって知ったらきっと、梅酒にする分もまた
セナに分けてくれてしまうに違いないからです。

余計なところに話が飛んでいってしまいましたね・・・・。


届いたばかりの小梅とすでに白梅酢とあら塩で揉んである赤しそです。
   完熟小梅と赤シソ
完熟小梅はまだ熟していないように緑色が濃いですけれど、これで中身は充分に熟し
ているとのことでした。


一晩、たっぷりの水に浸けて置きます。さぁ~~♪明日は梅干作りの開始でぇ~す。
   軽く洗って、一晩水に浸けて


翌朝、水からあげた梅を丁寧に一粒ずつタオルで拭いていきます。
   タオルで水気をふき取り


そして、ヘタを綺麗に取り去りましょう!
   丁寧にヘタを取ります

カップ1/2杯の焼酎とあら塩300g(梅に対して15%の塩)を用意します。
   焼酎と15%の塩


まず、霧吹きで焼酎を2/3の量だけ吹きかけます。まんべんなく行き渡るように!
   ポリ袋に入れ、焼酎を


そして、塩を投入!!!
   まんべんなく塩を行き渡らせて

重石を乗せて、5日~1週間・白梅酢が上がってくるまで見守ります(ドキドキ)
   重石を乗せて~

さすが小梅と言えども、完熟しているせいかキッチンが爽やかな梅の香りに包まれて
いるじゃーーーありませんか・・・・・
  本当にいい香り!!! まさしくこれは幸せの香りなんだと感じましたよ~~~

スポンサーサイト