fc2ブログ

3回目のボランティアに参加させていただきました!
1・2回目はとにかく必死で、内容や意義などを考えている余裕など、これっぽっちもなかったです(苦笑)
みなさんから励ましのメッセージを頂戴し心から感謝しています!優しいお言葉ありがとうございました

そして、セナが復活できた原動力になった出来事がありました・・・・。
そう!2週間ほど前のことです。いつものお散歩コースも飽きたので、駅に続く道とまったく反対にある
二ヶ領用水のほとりをセニーニャ&ソニアと歩いていたときのことでした。
とあるお宅の勝手口に、年のころ80歳は過ぎていらっしゃるであろうご老人が立っていました。
その勝手口は高さが80cm以上もあり、そのご老人がしゃがむと前につんのめって落ちてしまいそうな
スペースしかありません!
「こんにちは~!」と、声を掛け通り過ぎようとしましたら、ご老人が手を差し伸べられて何か言いたそうです。
思わず「ワンちゃん、触りたいですか?」と、聞いてしまいました~~♪ご老人は頷いていらっしゃいます。
まず、ソニアを抱っこして触っていただき、次はセニーニャを・・・。 とても喜んでくださって!!
                笑顔で「ワンちゃん可愛いね。」って、言ってくださったのです~~~(涙)

セナもとても嬉しかったです!! そしてセニーニャ&ソニアも満足そうな面持ちでした。
そうかこれなんだ! さりげない思いやりこそがセラピー犬の指名なのだと感じました。


今日は初めて参加させていただいたときと同じ1階の会議室です。
               獣医さんの健康診断を受け、お年寄りがいらっしゃるのを待っていまぁ~す!
 きょうは1階です.  ご老人を待ってます。

             いたずらなワンのことですので、こんなこともあります~(笑)
                扉開けちゃおう~~♪
             ドアの傍にいるレトリバーちゃんが、ドアを開けてしまいました

実際の対面場面はこんな感じです。
 ご対面の場面   喜んでいただけると!
今日のお年寄りは表情も豊かな方が多く、とても喜んでくださいました。 これはやりがいを感じます!


そしてご対面が終わったあとは、お年寄りをベットのある階まで送り届け、片付けをしミーティングです。
 終わったあとはミーティングです.   セニーニャ&ソニアも待ってます.
ワンは大人しく待っています!もちろん セニーニャ&ソニアもです・・・。
ボランティアの組織は、JAHAと言います。
JAHAの理念は、「人と動物のふれあいから生まれてくるものヒューマン・アニマル・ボンドを尊重し、人と
動物がみんな同じように健康で幸せに生きていくことが、社会全体への幸福へとつながるものと信じること」

まだまだ始めたばかりで、これ以上の説明はできませんが、続けていく価値はあると自覚できました。
そして「みなさまにもアニマルセラピーに関心を持っていただけましたらうれしいなぁ~~~♪」と、
                                                 思うセナなのですーーーうふ

スポンサーサイト