ゲリラ雷雨による被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

さて、コーヒーの話パート2にまいりましょうかぁ~!

収穫されたコーヒーは、まだ外皮・果肉がついたチェリーの状態です。
この外皮・果肉を削除する作業を「精製」と言います。
精製の方法は大きく分けると水洗式精製と非水洗式精製があります。
写真を撮って来てくれた商社マンさんはブラジルに赴任されていたので、
ブラジルの主流である非水洗式精製の写真をお見せしますね!
天日乾燥1
その商社マンさんに、急に雨が降ってきた場合を尋ねますと、なんと全員で
広げたチェリーを真ん中に集め、その上にブルーシートをひき、雨をやり過ご
すとのことです。そしてこの乾燥は2~3週間も掛かるのです。なんと手間が
掛かる作業なのでしょう・・・kao05

乾燥されたチェリーは脱穀機にかけられ、コーヒーの実を取り出します。
残念ながら脱穀機の写真はありませでしたぁ~


スクリーン選別機3
上の写真はコーヒーの実の大きさ別にわけるスクリーン選別機です。
選別機はご覧のように大きさの違う穴が開いていますので、振動させて
コーヒーの大きさ別に穴の中に落とすというシンプルな仕組みですね!
コーヒーの実の大きさはスクリーンと呼びます。
通常、日本に入ってくるブラジルコーヒーのスクリーンは17~18くらいです。


ハンドピック2
最後は人間の手でハンドピック(欠点豆の排除)をおこないます。
そうすることで、大きさ・品質などが揃ったコーヒー豆が選別されることに
なるわけです!

こんなにも多くの労力をかけて作り出されるコーヒーを、どのように焙煎
したらそのコーヒーの持ち味をフルに表現できるか!
また明日からセナパパと一緒にがんばろう~
硬~い話に最後までお付き合いいただきありがとうございます。
いよいよ来週はセニーニャ&ソニアの登場です!  Não percaうふ



 leonmamaさんのブログで  パピヨンの里親の募集を知りました 
  ここで ご紹介させて頂きます。

 みなさんのお知り合いが 育児放棄されたパピヨンの
 里親を募集しています。 詳しくは こちら   をご覧下さい。 
スポンサーサイト

初めまして♪今日から不慣れなブログに挑戦いたしますセナです!
毎日仕事で携わっているコーヒーのこと、目に入れても痛くない愛犬
セニーニャ&ソニアとの暮らし。そして主人と共通の趣味である蕎麦
打ちになどを綴ってまいりたいと思います・・・。



コーヒーの話  
  「ブラジルショコラ」を産出するミナスジョライス州サントアントニオ・
  アンパロの農園風景

コーヒー
  コーヒーの花・白い綺麗な花を咲かせます。ブラジルでは一般的に
  9~12月がコーヒーの開花期です。

コーヒー
  コーヒーの実・開花後6~8カ月経つと、緑色の果実は赤くなり、さらに
  深紅色に熟します。サクランボに似ているため、チェリーと呼ばれています。


コーヒー
  コーヒーの収穫は5月頃に始まり8月まで続く。収穫は人手による方法が
  一般的で、コーヒー果実を手でしごき落として円形のふるいで葉や枯れ枝、
  土などを取り除いて60キロ入りの麻袋に詰められます。

  
  初めてのブログ書き込みに硬くなってしまいましたねぇ~~♪
  次回はこの続きをお届けしたいと思います。  Adeus~~うふ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。